人気ブログランキング |

タグ:じばさんらんちき社員で食堂 ( 7 ) タグの人気記事

じばさんらんちき社員で食堂-新米の季節-



8月末に開催されたじばさんらんちき社員で食堂のご紹介

丹波大内農場さんで採れた今年一番の新米を

土鍋で炊き、おにぎりにするというシンプルなものですが

お米が美味しい季節にはぴったりです


e0295731_13311150.jpg
お米を研いだら30分くらい水に浸けて吸水させます。

終わったら一度水を切ってザルに上げ
分量のお米とお水を土鍋に入れて炊いていきます
強火にかけ沸騰したら中火にし
沸騰状態を保ったまま5分
弱火にして約4分
その後は火を止めて10分くらい蒸らします

新米はお水をいつもより少なめにする方がいいようです

ふっくらつやつやのご飯が炊きあがりました
e0295731_13313030.jpg

e0295731_13314152.jpg
店頭でもロングセラーの「おのころ雫塩」を使って
シンプルな塩味でおにぎりを


e0295731_13315094.jpg


e0295731_13320064.jpg
梅干しはスタッフ自家製の梅干し風「あんず干し」


e0295731_13320692.jpg
かぼちゃとオクラのお味噌汁に


e0295731_13311977.jpg
ゴーヤのぬか漬け
苦みが利いてくせになります


e0295731_13323268.jpg

e0295731_13351835.jpg
今回使用した大内農場さんの新米は
現在開催中、丹波焼飯碗展
「丹波の秋を碗ランク上の飯碗で!」にて
丹波焼飯碗を2点以上ご購入いただいたお客様に限り
丹波篠山コシヒカリの新米を2合プレゼントさせていただいております

もちろん店頭でお米のみの販売もしておりますので
この機会に是非ご賞味ください


◇◆◇◆◇

9月1日(土)~17日(月・祝)
e0295731_19484046.png

◇◆◇◆◇


豊岡杞柳細工×播州織 niki*のかごBAG

niki*オリジナルの播州織テキスタイルを合わせた、かごBAGが完成。
じばさんele、店頭・オンラインショップにてお取り扱い中です。
e0295731_13033466.jpg
◇◆◇◆◇

豊岡杞柳細工×ROOSTERKING & CO. カゴBAG

世界で一つ、お気に入りのBAGを見つけてください。

じばさんele、店頭・オンラインショップにてお取り扱い中です。
e0295731_13344554.jpg

◇◆◇◆◇

不定期開催のおいしいコラム

e0295731_18361821.jpg



◇◆◇◆◇

メニューやイベントの紹介はこちらから→instagram▲
“マンドリルカレー”と融合した新しい“じばさんらんちき”
皆様のご来店をお待ちしています。
e0295731_14093582.png


---------------------------------------------------------
じばさんele twitter&facebook&instagram情報更新中★

twitter:じばさんele
facebook:じばさんele




by ele0901 | 2018-09-05 14:10 | じばさんらんちき社員で食堂

じばさんらんちき社員で食堂-丹波黒豆-

10月のじばさんらんちき社員で食堂は
『丹波黒豆』
国内でも有数の黒豆生産地域といえば丹波篠山。
成長時期の夏場、日中は蒸し暑く、夜は冷え込むという
昼夜の寒暖差が大きく霧も多く発生する地域で
夕立などでの雨量も適度にあることから、
その風土と肥えた土壌により良質の黒豆ができる環境にあるとされています。
e0295731_20365569.jpg

この時期収穫を迎える本場の丹波黒豆を用意、
畑が違えば豆も違うということで、
少し大きさの違う豆を2種類用意し
一番シンプルに、一番おいしく食べれる塩ゆでを。
じばさんele社長伝授のじっくりゆでる黒枝豆。
ゆで方を変えて食べ比べてみました

e0295731_20365934.jpg
丹波黒豆と言えば枝のまま販売されているのが
印象的ですが
まずはハサミで豆を切り離すところからスタート
e0295731_20370478.jpg
せっせと1つ1つ豆を切り離していきます




切り離したら次は塩もみをして産毛と一緒に
汚れもしっかりと落とします
e0295731_20371771.jpg




少し粒の小さい方は
塩を入れたお湯で茹でることまずは15分。
12分くらいで少し甘味がでてきます。
最後15分まで待って、火からおろして湯きりします
e0295731_20372278.jpg
e0295731_20372805.jpg



湯きりしたら広げて「おのころ雫塩」で最後の味付け
e0295731_20380117.jpg
豆を広げて団扇で扇ぎながら一気に冷ましていきます
熱が通りすぎないように早く冷ますのが食べた時の
食感、味の決め手に
e0295731_20381315.jpg





そしてこちらは粒の大きな方を
通常の鍋で25分、土鍋で25分と鍋でも茹で比べ
e0295731_20394921.jpg
e0295731_20395703.jpg
マメに灰汁も取って
e0295731_20400835.jpg




さあ、出来上がり。
e0295731_20381734.jpg
見た目に大差はありませんが15分茹での方は
歯ごたえも残り、枝豆の食感がビールによく合う仕上がりに


25分茹でた黒豆は
こころもち土鍋で茹でた方が甘味が増して
後味は栗のように

丹波の黒豆は粒が大きくしっかりとしているので
長く茹でてもやわらかくなりすぎず
しっかりとした食感を残しつつも
甘味が増してとてもおいしく仕上がりました

みなさまはどの黒豆がお好きでしょうか
ゆで時間や鍋で変わる味や食感
是非お好みで試してみてください
e0295731_20382128.jpg
e0295731_20382564.jpg


◇◆◇◆◇


2017年7月15日オープンしました!!

e0295731_12114836.jpg
神戸市中央区海岸通5-1-20
OPEN:13時-19時(土日祝12時-19時)第2、第4火曜日&水木定休

アルコール以外のドリンクもあります◎
お友達と、ご家族と、カップルで、おひとりさまもお気軽に、
神戸散策の合間に、乾いたのどを潤しに来てください☆

please follow !
instagram : 乙仲角OTUNAKA CORNER



◇◆◇◆◇



不定期開催のおいしいコラム



◇◆◇◆◇



↓お買い物はこちらからも↓
じばさんele/じばさんらんちき online shop
e0295731_11435614.jpg




---------------------------------------------------------
じばさんele twitter&facebook&instagram情報更新中★

twitter:じばさんele
facebook:じばさんele
instagram:じばさんらんちき

by ele0901 | 2017-10-27 15:03 | じばさんらんちき社員で食堂

じばさんらんちき写真で食堂-神戸地ソース-

じばさんらんちき社員で食堂-神戸地ソース-


突然ですが、

日本でのソース発祥の地をご存知ですか?

何と、兵庫県なのです。




日本で初めてソースが製造されたのは

明治30年代。

「神戸にはおいしい肉があるのに、

どうしておいしいソースがないのでしょう?」

という話から開発が始まったそうです。


よく考えると、確かに兵庫県には

ソースのメーカーがたくさんありますよね?

地元の方なら知っておられる方も多いと思いますが、


神戸だけでも7社もあるのです。

その他明石、尼崎、姫路、篠山、伊丹を含めると

12社もあるのです。


もちろん、神戸のお好み屋さんも

地ソースを使っているところが多く、

お店によってソース味の違いがあるのも

また楽しみのひとつ。







e0295731_13505490.jpg
じばさんらんちきでは

現在、8メーカー、25種類のソースを

取り扱っております。




最近地元の食材や加工品を扱うようになり、

様々の食品が増えていますが、

ソースはやっぱり人気の品です。




その中でも、個人的に以前から使わせて頂いている

ソースが、

神戸市灘区に工場を構える

「プリンセスソース」。


e0295731_13584202.jpg

左から、

とんかつソース

ウスターソース

旨辛どろソース


ここのソースはたまねぎやトマトの

奥深い酸味と甘みに加え、

隠し味のにんにくが決め手。



もちろん家でもよく使わせて頂いています。


e0295731_15472804.jpg




じばさんらんちき、otunaka corner


で不定期で開催しているお酒のイベント


『SARUZAKE』や、『コザルザケ』

でお世話になっている、

神戸東山商店街の豆腐屋さん

「原商店」さんに教えて頂いた

ソースを使った新しい食べ方、


e0295731_15551808.jpg



そうです。

何と厚揚げにとんかつソースをつけて食べる。


コレ、是非試して見てください!

想像以上においしいですよ。



厚揚げは、買ってきたものを

再度揚げ直しても、トースターで

カリカリに焼いてもらってもいいそうですよ!








e0295731_16280246.jpg



今度は他のソースでも試して見ますね。











◇◆◇◆◇



2017年7月15日(土)オープンしました!!
「 乙仲角OTSUNAKA CORNER 」

e0295731_12114836.jpg
神戸市中央区海岸通5-1-20
OPEN:13時-19時(土日祝12時-19時)水木定休

アルコール以外のドリンクもあります◎
お友達と、ご家族と、カップルで、おひとりさまもお気軽に、
神戸散策の合間に、乾いたのどを潤しに来てください☆

please follow !
instagram : 乙仲角OTUNAKA CORNER


e0295731_15564887.jpg

手仕事に興味のある方一緒に働きませんか?




◇◆◇◆◇



不定期開催のおいしいコラム




◇◆◇◆◇



↓お買い物はこちらからも↓
じばさんele/じばさんらんちき online shop
e0295731_11435614.jpg




---------------------------------------------------------
じばさんele twitter&facebook&instagram情報更新中★

twitter:じばさんele
facebook:じばさんele
instagram:じばさんらんちき




by ele0901 | 2017-09-25 17:39 | じばさんらんちき社員で食堂

じばさんらんちき社員で食堂 ~あわぢびーるの肴~

じばさんらんちき社員で食堂

~あわぢびーるの肴~


e0295731_13203842.jpg



今回のじばさんらんちき社員で食堂は、

7月29日(土)に開催予定の

『SARUZAKE~あわぢびーる~』

にてお出しする予定の肴を作ってみました。


ビールの季節はおいしい夏野菜が豊富です。


その中でも、兵庫の野菜でビールに合いそうなレシピ

を考えてみましたよ。


e0295731_12240004.jpg
(1)ピーマンの塩昆布和え

兵庫県でも北部の但馬地方はピーマンの産地。

「京波」という緑が濃くて肉厚のピーマンの品種

が特徴の「たじまピーマン」。

昼夜の気温差がある但馬地方では

ピーマンの栽培に適しており特産品となっています。


肉厚でみずみずしいピーマンに

塩昆布、すりごま、ごま油を和えた

まさにこの時期ならではの肴。




(2)枝豆の浅漬け

枝豆には、夏バテ解消を助ける

ビタミンB1ga豊富に含まれています。

また、枝豆のタンパク質にある

メチオニンはビタミンB1、

ビタミンCとともにアルコールの分解を助け、

肝機能の負担を軽くします。

というわけで「ビールのおつまみに枝豆」は

非常に理にかなった肴なのです。

そんな枝豆を今回は昆布、塩、鷹の爪、にんにく

に付け込んで浅漬けに。

ビールに最適です。




(3)冷やしトマト


キンキンに冷やしたトマトは

暑い夏にはたまらないですよね。

兵庫県産のおいしいトマト、

厳選いたしますね。





(4)板わさきゅうり


兵庫県は、北は日本海、

南は瀬戸内海と

海に挟まれた海産物に恵まれた県。

今回使用する蒲鉾は、

山陰産の白身魚をふんだんに練りこんだ

素朴な味わいの板わさ。

そこに最もみずみずしい朝獲れきゅうり

を挟んで、ワサビで頂きます。


e0295731_13210235.jpg




(5) (6)

画像はないですが、

今回は特別に、神戸元町の❝地酒と酉料理専門店 猿人❞

自慢の鶏チャーシューと、

手焼きにこだわる神戸❝山田製玉部❞専門店の

出し巻きをご用意致します。


こちらも楽しみですね。


 

(7)

そして〆はこちら

e0295731_13151631.jpg
そうです。

じばさんeleプロデュースの

淡路島手延べ乾かし麺

「そろそろ」を使用した。

❝トマトとしらすの冷製ハーブそろそろ❞

トマト、白ワインビネガー、

オリーブオイルに

じばさんeleでも取り扱いのある

三木ヴェルデさんのハーブソルトを混ぜ

岩のりとレモンでさっぱり仕上げた

特製そろそろ。


中々の自信作です。

メニューの詳細も詳しくお教え致しますので

是非、ご参加くださいね。



もちろん、あわぢびーるも

たっぷりご用意してお待ちしています。



e0295731_13211246.jpg










◇◆◇◆◇




こちらも、じばさんele店頭にて好評受付中!
播州織で仕立てる浴衣のセミオーダー

e0295731_14284925.jpg

お好きな播州織の生地を選んで浴衣をお仕立ていたします。
仕上がりは約一ヶ月後。
今年の夏は浴衣を着ておでかけしませんか?




◇◆◇◆◇
e0295731_16331058.jpg



不定期開催のおいしいコラム
e0295731_14094126.jpg





◇◆◇◆◇



↓お買い物はこちらからも↓
じばさんele/じばさんらんちき online shop
e0295731_11435614.jpg

e0295731_15564887.jpg

手仕事に興味のある方一緒に働きませんか?




---------------------------------------------------------
じばさんele twitter&facebook&instagram情報更新中★

twitter:じばさんele
facebook:じばさんele
instagram:じばさんらんちき



by ele0901 | 2017-06-29 13:27 | じばさんらんちき社員で食堂

じばさんらんちき社員で食堂 -簡単中華ちまき-

じばさんらんちき社員で食堂。

もうすぐ端午の節句ですね。

子供のころ、親やおばあちゃんがちまきを

作っておられたご家庭も多いのではないですか?

最近ではあまり食べることもなくなりましたが、

やはり子供には日本の風習の節目の

味や香りを残してあげたいですね。

今でもふと思い出す、あの笹の香りは

子供のころの記憶をほのかに蘇らせてくれます。




今回は簡単に出来る

中華ちまきを作ってみました。

お昼ごはんにも丁度いいですよ。



もち米は、洗ってから30分ほど水に浸けます。

具材はお好みで。

今回使用したのは、

干ししいたけ、豚こまぎれ、そら豆、干し海老。

何でもいいのでお好きな具材を

白だしと、しょうが、醤油でさっと煮、

具材と出汁を分けます。

出汁はもち米を炊く土鍋へ。

足りなければお水を足してもよいですよ。


e0295731_13324042.jpg




もち米が炊き上がったら

具材をざっくり混ぜます。

そら豆がつぶれないよう注意しましょう。


あとは、水拭きし乾いた笹の葉でぐるぐる。

e0295731_1334964.jpg





e0295731_13351989.jpg



e0295731_13344973.jpg






e0295731_13353176.jpg





e0295731_1335455.jpg





e0295731_13355858.jpg





e0295731_13361123.jpg






笹の香りがふわっと漂います。

笹の葉には防腐効果や殺菌効果もあり

保存に適していると昔から言われています。



簡単にできる中華ちまき


みなさんもお子様やお孫さまと

一緒に作ってみてはいかがですか。



◇◆◇◆◇◆◇◆


不定期開催のおいしいコラム

e0295731_16302851.jpg

じばさんらんちき社員で食堂 -SARUZAKE- 増刊号はこちらからご覧頂けます。



by ele0901 | 2017-04-27 16:48 | じばさんらんちき社員で食堂

じばさんらんちき社員で食堂 -汁なし坦々そろそろ-

じばさんらんちき社員で食堂

-汁なし坦々そろそろ-

暑くなってくると食べたくなるのが、

そう、辛い麺料理。 (すみません個人的な意見です・・・。)

じばさんeleプロデュースで誕生した、

淡路島 手延べ乾かし麺そろそろを使用して

今回は汁なし坦々そろそろを作りましたよ。

e0295731_14593259.jpg



e0295731_14594693.jpg


そうめんより太く、うどんよりも少し細め。

程よいコシと、のど越しの良い麺なので、

どんな料理にでもはまります。

また材料も全て兵庫県産。

淡路島 五色の天然塩、

淡路島 洲本の菜種油、

小野市 小麦粉、

まさにMADE IN HYOGOの麺なのです。

アレンジ自由なので、みなさまも色々と

試して見て下さいね。






そういえば今回のじばさんらんちき社員で食堂は、

カジカジさんの取材も兼ねており、

男性スタッフの試食率高し!




麺だけでは足りない・・・

と言われると思いまして、

もう外せません、

樂久登窯の万能土鍋で、

鶏ごぼう飯。

e0295731_1513844.jpg


e0295731_1515123.jpg


e0295731_152541.jpg



今回もよく出来ました!


ご試食頂いたみなさんも大満足!?


e0295731_152409.jpg




淡路島手延べ乾かし麺「そろそろ」

公式ホームページはこちら

淡路島手延べ乾かし麺「そろそろ」
by ele0901 | 2016-07-08 15:19 | じばさんらんちき社員で食堂

じばさんらんちき社員で食堂 -牡蠣めし-

じばさんらんちき社員で食堂 vol.3


今回もおいしく頂きました。

じばさんらんちき社員で食堂。


寒いこの季節はやはりこれですね。

牡蠣めし。

もちろん、

じばさんらんちき社員で食堂といえば

そう、樂久登窯さんの土鍋です。


e0295731_16440147.jpg

それでは、まずは牡蠣の下ごしらえ。

今回は、ご飯と牡蠣は別々に仕上げます。

e0295731_16453419.jpg

だからプリプリッ。



その他は、具沢山のお味噌汁。

好みはありますが、

今回は、

さつまいも

たまねぎ

しいたけ

小松菜

油揚げ

今回は

そこにちょこっとの黒糖。

隠し味です。
e0295731_16483422.jpg




もう1品。

今が旬。

鰤の簡単漬け焼。

e0295731_16500517.jpg

じばさんらんちき別注

丹波焼 丸八窯 掛分け楕円皿。

鰤が映えますね。

e0295731_16502676.jpg

さぁ、そうこうしているうちに、、、


e0295731_16510788.jpg

牡蠣めしの完成。


おこげはできているかな、、、


e0295731_16514478.jpg

写真では分かりづらいですが、

ばっちりでした。


e0295731_16523043.jpg

それでは、いただきます。


e0295731_16530179.jpg

今回のお味噌汁を

少し甘くした理由、、、


そうです、

コレを使いたかったのです。


e0295731_16540782.jpg
じばさんらんちきで取り扱いのある

ラー油。

無農薬の信鷹唐辛子を使用した

辛~いラー油。

これ、ほんとにクセになるほど

コクがあって辛いんです。

店頭でもリピーター続出です。


ちなみに一味もあるので

興味ある方は、是非お試しを。



今回もおいしくいただきました。

じばさんらんちき社員で食堂


次回は何作りましょ!?



e0295731_16570961.jpg




















by ele0901 | 2016-02-08 17:00 | じばさんらんちき社員で食堂