丹波焼 丹文窯 春の晩酌セット

3月のワークショップが決定いたしました

毎年人気の酒器作陶のワークショップ今年も開催です!

3月31日(土)『丹波焼 丹文窯 春の晩酌セット』
e0295731_14464998.jpg

丹波焼・丹文窯の大西雅文氏を講師にお招きし、
晩酌セットを作陶します。
完成後は丹文窯にお持帰り頂き、
特徴的な赤/青、そして今回は新色の黄色の釉薬での仕上げ、
焼成後のお渡しとなります。

(※画像のような雰囲気に仕上がります。
模様の入り方等は1点1点異なりますので
予めご了承ください)

赤、青、黄色の釉薬からお色を選んでいただけます。

そして今回は、特別にご参加の方お一人様1点につき、
お手持ちのうつわを金継ぎで先生が補修してくださるサービス付き。
割れて使えないけど勿体なくで捨てられずに置いているうつわや、
少し縁が欠けてしまって。。
といううつわを当日お持ちください。
補修し、作品と一緒にお渡し致します。

【SOL 365 Workshop vol.51】
『丹波焼 丹文窯 春の晩酌セット』
3月31日(土) 13:00~
@神戸国際会館SOL B2F
ワークショップスペース「SOL 365 Workshop」
参加費:¥3,800(税抜)

初心者の方でも作りやすいように
解りやすく教えていただきますので
ご興味のある方は是非一度ご参加ください。

毎回人気の作陶ワークショップ
ぜひお早めに参加ご予約下さい。


ご予約は、じばさんele店頭、
又は下記のお電話番号にて受付中です

ご予約・お問い合わせ先
じばさんele神戸国際会館SOL店
078-855-2399



講師 丹文窯 大西 雅文
e0295731_18185043.jpg

丹文窯は代々続いている丹波焼窯元。
現在、60軒以上ある丹波焼の窯元で
すが、初代の頃はまだ20、30軒しかなく、
立杭の中でも歴史のある窯元です。
広く一般にも使えるような和食器、
民芸を中心に作っておられます。
のぼり窯の作品が多く、
年に4~5回焼いておられます。

3代目文博さんは昭和53年に「グループ窯」を結成し、
今でも続く「陶器まつり」の発案者であり、
初代実行委員長を務めまられました。
今回講師、4代目雅文さんは
独創的な作品を追求し全国デパート、
ギャラリーで展覧会を開催されています。





◇◆◇◆◇

不定期開催のおいしいコラム

e0295731_17234229.jpg






---------------------------------------------------------
じばさんele twitter&facebook&instagram情報更新中★

twitter:じばさんele
facebook:じばさんele



[PR]
by ele0901 | 2018-03-06 16:00 | WORKSHOP
<< じばさんらんちき春のリニューア... 須磨張り子 新作のご紹介^^ >>