<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

兵庫の天然皮革「エレ ショッピングトート Lサイズ」

やっと暖かくなってきまして、、、
春の訪れと共に神戸では様々な催し物が
開催されているようです。

エレからすぐ南に位置する
メリケンパークでは
夢のサーカス団「ポップサーカス」が神戸公演を行っており、
大人も子供も楽しめそうです。

e0295731_18151652.jpg


春のあたたかいこの時期、
歩いて海沿いをブラブラ。
栄町までブラブラ。


そしてエレには
春の旅行にも活躍してくれる
レザーBAGが入荷してきました。

e0295731_1924285.jpg




以前訪れた天然皮革日本一の産地兵庫県は「たつの市」

そのレザーを使用したBAG。
eleでは、たつの市のファクトリー(タンナリー)と
レザーアイテムの開発をスタート。
革をタンニング(鞣す)段階から職人(タンナー) と
ミーティングを重ねてきました。

傷やシワの多い馬革はバックや財布などの
ファッションアイテムには
不向きとされてきましたが
薄くタンニングした際には
牛革よりも耐久性のあることを知り
馬革を使用することに決定。

極限まで薄くタンニングし、
あえて傷やシワを活かすタンニングに
職人(タンナー)が成功しました。

エレ ショッピングトート
以前から「もう少し大きなサイズもあれば。。。」
というお客様の声にお答えすべく、
今回Lサイズを企画、制作。

e0295731_1935846.jpg


今回はSサイズでも好評の
「ナチュラルレザー」を使用し、
(柔らかく、つやのない仕上げ)
ブラウンとブラック2色の展開。

普段使いにも使いやすい大きさで
しっとりと柔らかい
ホースレザーを使用
折りたたんでコンパクトに
収納出来るので
旅行などに持っていって
現地で使える優れもの。

e0295731_20312536.jpg

e0295731_20562152.jpg

e0295731_18505578.jpg

※左Sサイズ¥10,290

ワンポイントの「エレ」の刻印もe0295731_2032566.jpg



エレ ショッピングトート Lサイズ
¥13,650(税込)


------------------------------------------------

現在エレでは、眼鏡ブランド
【Buddy optical exhibition】開催中です!

30型以上の中からお気に入りの1点を探してみては。。。



e0295731_2104926.jpg





担当:マツダ
[PR]
by ele0901 | 2013-03-25 18:56 | 兵庫じばさん

丹波立杭焼【丹窓窯】

みなさまこんにちは
たかばです。

先日の定休日、丹波立杭の郷へ訪問してきました。

『丹窓窯』さんへお願いしていた別注の器が焼きあがったとのこと

丹波はあいにく雨模様でしたが、気分はワクワクです。


e0295731_1711315.jpg

『丹窓窯』
江戸時代頃から器を作り続けてこられた、丹波でも古い歴史のある窯元。
民藝運動を牽引した柳宗悦、濱田庄司らと親交があり陶芸家バーナード・リーチの奥様
ジャネット・リーチは、ここ丹窓窯で修行されております。
そして先代の故・市野茂良さんは、イギリスのバーナード・リーチの工房で修行され
スリップウェアの技術を身につけて丹波に戻ってこられました。
現在は、茂良さんと共に50年以上、作陶を続けてこられた奥様の茂子さんが、
茂良さんの遺志を引き継ぎ、丹波立杭焼の歴史や伝統を大切に守り、
器を作り続けておられます。



窯から出されたばかりの器を早く見たいと
落ち着くまもなく、少し坂を上った所にある工房へ


e0295731_171377.jpg

e0295731_171786.jpg

ずらりと並んだ器に感動!!


今回、お願いしていた別注の器は

こちら
e0295731_23415713.jpg

別注 スリップウェア五寸丼 飴釉・白釉
¥3,150(税込)


他にも春らしいスリップウェアのお皿もセレクト
e0295731_23514839.jpg

白釉 スリップウェア 四角皿
¥3,780(税込)



工房で見つけた、故・市野茂良さんの作陶途中の器
e0295731_1711079.jpg


近々、丹窓窯さんの登り窯に火が入り
茂良さんの作品も窯で焼かれるそうです。
e0295731_050286.jpg

e0295731_050796.jpg


登り窯が赤く燃え、煙が上がる風景、是非、見てみたいですね
現在に蘇る茂良さんの作品、焼き上がりが楽しみです。


小春日和の神戸
eleは春らしい装いになり、新しい器は本日より店頭に並んでいます。

ご来店お待ちしております。
[PR]
by ele0901 | 2013-03-17 13:16 | 丹波焼

【Buddy optical exhibition】

みなさまこんにちは
マツダです


あたたかかったり、急に寒くなったりと…
みなさま体調崩されておりませんでしょうか。
急な気温の変化には注意したいものです…


本日ご紹介するのは
私も愛用中のアイウエアブランド
【Buddy optical】の受注会&フィッティングイベントのご案内。

e0295731_20122040.jpg


【Buddy optical】

『Buddy』とは、英語で相棒や親友を意味し非常に近しい存在を表しており
「眼鏡をもっと身近に」
「眼鏡をかける人をもっともっと増やしたい」

長きにわたり、眼鏡業界に身を置かれていたデザイナーの想いから始まった
「気心の知れた相棒の様な存在」
「よりファッションに密着したワードローブ」
としての最良の眼鏡を追求したオプティカルブランド。

眼鏡の産地、福井県鯖江市の職人の
技術により作られたBuddy Opticalの眼鏡。
かける毎に愛着が沸いていきます。


e0295731_17593673.jpg

3/22~4/9
“Buddy optical exhibition”

期間中はBuddy optical 2013ss newアイテム、
それぞれのモデルにアイビーリーグの名前を冠した
「FEEL COLLAGE」
そしてユニセックスライン
「P COLLECTION」
をフルラインナップでご覧頂ける受注会を開催!
e0295731_17532355.jpg

e0295731_18193049.jpg

「P COLLECTION」
¥23,100


また、4/6、7の両日には
デザイナーの池原氏自らにご来店頂き
フレームに熱を加え各自の頭の型に
合わせて調整頂くフィッティングの
サービスと以前購入いただいたBuddy optical眼鏡本体の研摩
(バフがけという表面を磨き傷をなくす作業)をして頂けるイベントを行います。

受注会でご予約頂いたアイテムを、
4/6、7日池原氏によるフィッティングを頂いた後にお渡しすることも出来ます!
是非、みなさまこの機会に自分に合ったメガネを探しにきてください。

こんな機会めったにないかも…
e0295731_17532426.jpg



Buddy optical exhibition
日程:3月22日~4月9日

Buddy optical fitting event
■日程:4月6日(土)、7日(日)
■時間:6日(土)12:00~20:00
    7日(日)12:00~18:00
■場所:ele 兵庫県神戸市中央区栄町通3-1-6 
TEL:078-393-0985
[PR]
by ele0901 | 2013-03-14 12:50 | news

甍ト 瓦のタイル ワークショップ

みなさまこんにちは。
たかばです。

3月10日eleにて、“甍ト 瓦のタイル” ワークショップを開催しました。

淡路島の伝統地場産業『瓦』の流れを汲む手法にて
一輪挿し“ぽちマメ”や“文様タイル”などの雑貨を制作する
【甍ト】の作家筒井都さんに
レクチャー頂き、瓦のタイル制作。

瓦の素材【粘土板】にヘラや彫刻刀で削ったり
ハンコで型を押したり、模様を描きます。
e0295731_1940526.jpg


都さんのモチーフを参考にされる方
e0295731_19405628.jpg


マンホールをモチーフにされる方
e0295731_19405196.jpg


お子様の名前を描かれる方
e0295731_19405594.jpg


象好きな奥様が5月に出産される記念にと
親子の像を描かれる方
e0295731_19405572.jpg


皆さん、黙々と作業をされていました。
e0295731_2016832.jpg



出来上がった作品は乾燥させた後、窯焼きし一ヵ月後
燻し銀の瓦タイルが完成します。
e0295731_19585666.jpg


ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。
出来上がりが楽しみですね。。。


e0295731_2016698.jpg

[PR]
by ele0901 | 2013-03-11 11:39 | WORKSHOP

YAECA

皆様こんにちは。
たかばです。

すっかり春がきた!
かと思えば今日の神戸の空は荒れています…
季節の変わり目とは油断できないものです。

本日はこちらのブランドをご紹介。


【YAECA】
2002年にデザイナー服部哲弘と井手恭子により設立。

「ブランド名は、八重日…8重ねる日 と書いてヤエカと読みます。
日々重ねていく、デイリークローズという意味で名付けました。
ドレスアップするような高揚感を日常の中に溶け込ませ
シンプルで着ていくごとに愛着をもってもらえるような
モノづくりをしていきたいと考えています。」

シンプルで長く着ていけるような日常着を作ることをコンセプトに、
スタンダードでありつづける上質なデイリーウェアを提供しているブランドです。


今シーズンよりeleのラインナップに加わった『YAECA』から
初入荷のアイテム。
スタンダード ワイドシャツ
e0295731_17393328.jpg

¥18,900
COLOR:white 
SIZE:S / M


小襟とスナップボタンは『YAECA』の定番。
e0295731_17375450.jpg



両サイドにはポケット。
e0295731_17382084.jpg


身幅と肩にゆとりを持たせたストンとしたシルエット、
デニムやチノなど色々なボトムとバランス良く着ていただけます!

e0295731_17384220.jpg

e0295731_17385998.jpg



『YAECA』は、これからもワンピースやパンツなどが
入荷します。
入荷次第、コチラのBLOGでご紹介させていただきます。
[PR]
by ele0901 | 2013-03-10 13:45 | news

3月10日(日)ele LIVING WORKSHOP “甍ト 瓦のタイル”

みなさまこんにちは。
マツダです。

明日10日(日)に行われるワークショップのお知らせ。


ele LIVING WORKSHOP
“甍ト 第2回目 瓦のタイル”

e0295731_19511730.jpg


eleにて取り扱い中の兵庫県淡路島の伝統工芸地場産業『瓦』。

その流れを汲む手法にて、

一輪挿し"ぽち豆"や、文様タイルなどの

雑貨を制作する『甍ト』の作家、

筒井 都さんにレクチャーいただき、

文様タイルの形をベースに、

楽しいお話を交えながら瓦の素材を使った

オリジナルタイル制作のワークショップです。

約12センチの正方形の瓦粘土に柄を彫ったり、

切ったり、型を貫いたりとオリジナルのタイルを作って頂けます。

お子様と一緒にご参加も大歓迎です。

焼き上がりは淡路瓦特有の燻し銀の瓦になり、

お部屋のインテリアにはもちろん、

お菓子や食材を盛る豆皿としても使っていただけます。

お作り頂いた物をお預かりの上、

乾燥・焼成をして約一ヶ月後に店頭にてお渡しします。

■ 日時:2013年3月10日(日)13:00~5名 15:00~5名
■ 所要時間:約1時間30分
■ 参加費:¥2,000   

まだ少しお席も空いております。
当日参加も受付させていただきますので、
ご興味のある方はお気軽にご参加ください。
 ele 078-393-0985


e0295731_1111651.jpg

[PR]
by ele0901 | 2013-03-09 11:12 | WORKSHOP

丹波立杭焼 俊彦窯 『別注 鎬丼』

こんにちは、たかばです。

先日、定休日を利用して、
丹波立杭焼【俊彦窯】へ伺いました。

お願いしていた『別注 鎬(しのぎ)丼』が
窯から出ているとのこと。


この日は小春日和な丹波
e0295731_16474073.jpg


俊彦窯へ向かう途中から、蝋梅(ろうばい)の香りがお出迎えです
e0295731_16474029.jpg



挨拶をしに工房へ伺うと、俊彦さんがお茶を点てて下さり、
素敵な空間でおもてなしいただきました
e0295731_1659420.jpg


そして、本日の目的、『別注 鎬丼』を取りに窯へ
e0295731_1647383.jpg



使い勝手のいい器です
e0295731_17473335.jpg

鎬 5寸丼 ¥3,150(税込)
丼はもちろん、具だくさんのスープなど…
毎日使える器としていかがでしょうか。


お土産に、蝋梅を分けて頂き、店頭でも生けております
是非、春の香りを感じにお越しください。
e0295731_17254668.jpg

[PR]
by ele0901 | 2013-03-02 13:07 | 丹波焼