<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本人の美的感性のタマモノ

みなさまこんにちは。
昨日は日本の伝統工芸品『赤穂緞通』が生まれた地、兵庫県赤穂市へ訪れて参りました。

幻の緞通といわれる赤穂緞通は、
鍋島緞通(佐賀県)、堺緞通(大阪府)
と並び、日本三大緞通と呼ばれています。

織り手の井関京子さんにたくさんのお話を
伺いましたので、ここで少しだけ
ご紹介させていただきますね。

赤穂緞通は赤穂郡中村(現赤穂市中広)
に生まれた児島なかという女性によって
江戸末期に考案されました。

明治末期には御召列車の敷物として、
赤穂緞通が採用され、
茶人、名のある料亭、お茶屋などに
好まれ使用させれていたそうです。

『赤穂緞通』は唯一水平器(ヨコ機)が使われており、
通常絨毯はペルシア絨毯などの
手織り絨毯の織り機は垂直機(タテ機)
が多く使われています。
e0295731_2136256.jpg


糸は全て京都で染められた綿糸を使用し、
基本的にはタテ糸に起毛状に糸を結ぶという非常に手間のかかる作業の連続で,
ヨコ一段ずつ端から端まで結び目を積み上げていくという技法。

赤穂緞通の最大の特徴は、結ばれた糸(はせ糸)を
「腰折れ鋏」といわれる独特のハサミを用いて、
切りそろえる事にあります。
(※鋏は三木で特注されているのだそうです)
この行為を摘むと呼んでいて、
独特のハサミを使って起毛した部分を
刈り上げることで文様に独特の立体感が出ます。
(すいません。摘みの作業の細かさに
あっけに取られ、写真に収めることが
できませんでした。。。)

e0295731_20542767.jpg

その作業は、図案や使用する色糸選びから始まって、
すべての工程を、1人の織り手が伝統技法を守った手作業で行うため、
仕上がる緞通の数は大変少ないのです。

こちらは井関さんがまだ始めたばかりの頃に作られた作品。
e0295731_211269.jpg


そしてこれは。。
「100年は経ってますよ」
と見せていただいた赤穂緞通。
e0295731_2131733.jpg

恐る恐る触れて見ると、
肌触りの良さは年月が経っても変わっていません。

長い長い時間をかけて織られる緞通。
井関さん曰く、
「たくさん撫でて撫でて出来上がった緞通を
お客様の元へお渡しするのは娘を嫁に出す思い」
というその言葉に、緞通に対する
思いの強さを痛感させられました。

e0295731_21184487.jpg


そしてeleスタッフも織りを体験させていただきました。
あまりにも細かい作業に。。
短時間では何もできないことを
思い知り、大変な技術を要するのだと
いうことを目の当たりにすることに。。
e0295731_19421240.jpg


私自身も始めての体験、
初めて手に触れ、お話を伺い、
大変勉強されられることばかりでした。
職人さんの熱い思いを感じ、
いつかeleで皆様に赤穂緞通をご紹介できれば!
という想いを胸に工房を後にしました。

e0295731_21375648.jpg

e0295731_21264537.jpg



次は皮革の産地「たつの市」へ。
こちらのご紹介はまた明日へ続きます。
e0295731_21333100.jpg



担当:松田
[PR]
by ele0901 | 2013-01-31 23:27 | じばさん訪問

熊猫印。


本日は『ドラフト!11』

選考させて頂いた、

【熊猫印】のレザー小物のご紹介です。



e0295731_2021382.jpg


e0295731_2011245.jpg


ぽってりとした形とアクセントの黒いボタンが愛らしい

「熊猫印」のレザー小物は

優しいハンドクラフトが特徴。

牛のヌメガワの表面を

サンドペーパーで起毛させ、

ヘアーラインを残したヌバックを使用。

デザインは素材の持ち味を最大限に引き出しつつ、

長く愛着の持てるように無駄をそぎ落としたシンプルな構造に。

いつも傍らに置いてレザーアイテムならではの

経年変化を楽しんでほしい。


ミニ財布¥4,300
e0295731_20195474.jpg

e0295731_20132288.jpg




キーケース¥3,150
e0295731_2014855.jpg
e0295731_2014239.jpg




名刺入れ¥3,780
e0295731_20151626.jpg
e0295731_2015302.jpg




折財布¥15,750
e0295731_20203230.jpg
e0295731_2020404.jpg
 



ウォレットキット¥2,940
e0295731_20224462.jpg

e0295731_2023348.jpg

完成はコインケースとして。

張りのあるロウ引きの糸を使うので

縫い針を使用せずに簡単に制作出来ます。

説明書付。


また「熊猫印」お買い上げの皆様に

「熊猫印」オリジナルのこんなにかわいらしい手ぬぐいが。。。

一緒に付いてくるんです。

e0295731_21401580.jpg


デザイナーさんからの気持ちのこもったプレゼントですね。


手にとってみると軽さとレザーの柔らかさ、

そしてあたたかさを感じるレザーアイテムたち。

是非プレゼントなどにもオススメしたいですね。





森田布包製作所にてデザイン・製作を担当する

革工作ブランドとして

2012年“熊猫印”はスタート。

「“熊+猫=パンダ”のように二人で力を合わせて、

いつもそばに置きたくなるような、

愛着が持てる作品を作っていきたい」

というメッセージが込められています。




e0295731_20235665.jpg

[PR]
by ele0901 | 2013-01-26 20:28 | news

【motihada】


寒い日が続きますね。

先日は神戸も雪がちらつき、

まだまだ寒さは癒えません。

eleが自身を持ってオススメする

「warm wear」の【motihada】

まだお持ちではない方、きっと寒さを癒してくれること間違いなしです


【motihada】“not HEAT but WARM”


1970年、兵庫県の地場産業でもある靴下の編機を改良し

発案した編機から、丸編円筒起毛生地「もちはだ」は誕生、

オリジナルの起毛方法は抜群の保温力と

やわらかな風合いを生みだし、

防寒インナーとしてたくさんの方々に愛用されています。

その「もちはだ」が乱痴気のフィルターを経て、

技術にファッションのエッセンスを加え

素材を生かしたファッションライン

“motihada”が誕生しました。

e0295731_2145378.jpg


motihadaの最大の特徴は、ソフトでボリューム感のある

生地を生み出す円筒起毛。

編み上がり後、装置にかけて起毛する方法が

常識とされていますが、

この方法ではループを完全に破壊する為、

起毛の特徴である保温性などに欠点が見られます。

motihadaの特殊起毛は、

この欠点をなくすため永年にわたって研究を重ね、

ループ形状を残したまま、

しかも織りながら同時に円筒方向に

起毛することを開発しました。

起毛部の二重の空気層が外気をシャットアウトし

からだを寒さから守ります。

保温しながら湿気は外部へ、

ループ形状の空気層が汗や湿気を吸収し、

外部で蒸発させるので、室外でも室内でも

素肌は爽やか快適、サラッとソフトな肌ざわり。

アクリル・ウールの混紡バルキー糸を

使用することにより、ウールよりも軽く、

ソフトな風合いへと仕上がっているのです。

e0295731_2151898.jpg


e0295731_21111927.jpg

e0295731_2183930.jpg


U-NECK / V-NECK / CREW-NECK
PRICE : ¥6,195

今回パリの展示会、

「CAPUSULE」でもご紹介させていただいております。

【ele】ディレクター前川拓史のBlogにて

ご紹介していますよ。
[PR]
by ele0901 | 2013-01-19 21:20 | 兵庫じばさん

“好き好きな織物”第二回目

e0295731_14513332.jpg

“好き好きな織物”第二回目 
2月1日(金)~2月19日(火)

“さをり織” 1968年に大阪で産声を上げた
手織り。
常識や既成概念にとらわれず、自由奔放に、好きに好きに織る出来上がった布は世界に、ひとつ。

今回は“さをり織り”『ori-nori』の
春のアイテムをご覧いただけます。

また、2月10日(日)には、前回も好評頂いておりました、
“さをり織り”のワークショップを『ori-nori』作家の藤原智子さんご指導の下開催いたします。


ele LIVING WORKSHOP 
“さをり織”の実演とストールのワークショップ
2月10日(日)

@ele / 神戸市中央区栄町通3-1-6 TEL:078(393)0985

幅約16cm、時間内であれば長さは自由に決めて頂けます。

今回は、自分で好きな大きさに裂いた生地を、
裂き織りの要領で挟み織っていくので、長く織ることができます。

◎定員:6名(予約のみ) 13:00~3名 15:00~3名 
◎所要時間:約2時間
◎参加費:4800円

*ご参加ご希望の方は、店頭またはお電話にてお申し込みくださいね。


皆様のご応募お待ちしております!
[PR]
by ele0901 | 2013-01-18 21:45 | WORKSHOP

【Hender Scheme(エンダースキーマ)】


Hender Scheme(エンダースキーマ)というブランド名は、

心理学用言Gender Schema(ジェンダースキーマ)からの造語。

Gender頭文字のGを、

アルファベット順で一つ超えたHにすることによって、

ブランドコンセプトの

「ジェンダーを超える」を表現しています。

社会的性差(gender)の分野に属する

「デザイン」において

“男女の性差にとらわれずgenderを超えて

自由にデザインすること”

をコンセプトに、

モードとクラフトのバランスを重視し、

バランスのとれた“モノ”をデザインしています。


いよいよ新作の入荷です。


leather book cover

e0295731_21324232.jpg
e0295731_21325448.jpg


¥3,990

こんなカバーを付けて電車で

小説でも読んでみませんか。

もちろんBOOKだけでなく、

手帳にカバーを付けてカスタム

するのも素敵です。
[PR]
by ele0901 | 2013-01-17 21:36 | news

【Buddy Optical】

【Buddy Optical】
made in japan


e0295731_2182465.jpg


『Buddy』とは、英語で相棒や親友を意味し、

非常に近しい存在を表しており、

「眼鏡をもっと身近に」

「眼鏡をかける人をもっともっと増やしたい」

長きにわたり、眼鏡業界に身を置かれていた

デザイナーの想いから始まった、

「気心の知れた相棒の様な存在」

「よりファッションに密着したワードローブ」

としての最良の眼鏡を追求したオプティカルブランド。


【p collection】

Buddy Opticalのスタンダード。

気軽にファッションとしてのメガネを楽しんでいただきたい

という想いから生まれたユニセックスなコレクション。


Buddy Optical/“e"

brown
e0295731_2058396.jpg



black
e0295731_20581686.jpg
e0295731_20583096.jpg


COLOR:brown,black
SIZE:free
PRICE:¥23,100



Buddy Optical/“f"

navy
e0295731_20595453.jpg


brown
e0295731_2101052.jpg


gray
e0295731_2102222.jpg
e0295731_2103562.jpg


COLOR:navy,brown,gray
SIZE:free
PRICE:¥23,100



Buddy Optical/“c"

e0295731_213314.jpg


clear×amber
e0295731_2143361.jpg



beige×black
e0295731_2132736.jpg

e0295731_2151738.jpg


COLOR:clear×amber,beige×black
SIZE:free
PRICE:¥23,100


p collectionで使用しているレンズは

紫外線カット機能が備わった

マルチコートクリアレンズのため

目にも優しい。


眼鏡の産地、福井県鯖江市の職人さんの

技術により作られたBuddy Opticalの眼鏡。

かける毎に愛着が沸いていきますよ。
[PR]
by ele0901 | 2013-01-13 21:11 | news

丹波立杭焼【俊彦窯】

先日丹波へ訪れた際に

すてきなうつわたちを

選ばせていただき、

持って帰って参りました。


e0295731_21345932.jpg



丹波立杭焼、【俊彦窯】より

入荷したばかりの

うつわをご紹介します。


【俊彦窯】


e0295731_213634100.jpg


右■5寸しのぎ菊平皿 ¥1,890
左■5寸しのぎ菊平鉢 ¥2,205



e0295731_213826100.jpg


■5寸しのぎ丼ぶり茶碗 ¥2,940



e0295731_21401489.jpg


右■しのぎ掛け分け湯呑 ¥1,470
左■面取り掛け分け湯呑 ¥1,470


正確な技術で刻まれる精緻なしのぎに心奪われます。

きっとみなさんの食卓を更に華やかに

彩ってくれるでしょうね。
[PR]
by ele0901 | 2013-01-12 21:49 | 丹波焼

1月定休日のお知らせ

ele 1月の定休日は

9日(水)
16日(水)
22日(火)・23日(水)
30日(水)

となります。

お間違いのないよう、ご来店くださいね。

早速、今週は新しいシーズンに向けて出かけてきます。
[PR]
by ele0901 | 2013-01-07 20:55 | news

気持ちも、うつわも新しく。

新年あけましておめでとうございます。

2013年新しい年を迎え、

新しいうつわで食卓を彩ってみませんか。

気分も新しく新年のスタートが切れるはずですよ。

eleで展開する『丹波焼』から、

おすすめのうつわをご紹介します。


【丹窓窯】

e0295731_20302276.jpg


スリップ茶碗

大 ¥1,470
小 ¥1,260


e0295731_20303686.jpg


左下 墨流し 5寸 ¥1,575
右上、下 スリップ 5寸 ¥1,260



【伊勢木綿】

e0295731_20362069.jpg


ハンカチ ¥840
ランチョンマットとして使っていただくのにも
オススメです。


【美吉籠】

e0295731_20384979.jpg


竹箸 ¥1,050
女箸、男箸とございます。


今年も【ele】をどうぞよろしくお願い致します。

e0295731_20395414.jpg

[PR]
by ele0901 | 2013-01-06 20:44 | 丹波焼

厄除け。-三木市の地場産業、金物―

厄年の男性は、切る物が良いとされ、

包丁やはさみなどの刃物を贈られます。

厄年に厄を断ち、開運の祈願を込めて用いられる厄除け包丁。

兵庫県三木市の地場産業、金物。

eleでも取り扱っております、

包丁をご紹介。

ご家族、友人、もちろん自分に、

厄年の方へ贈り物はいかがでしょうか。

『田中一之刃物製作所』
『すべてが本鍛造・手打ち商品』
明治末期、日露戦争の時代に鎌鍛冶として
鎌の製造を始める。
福井県武生市の伝統工芸士鍛冶職人の所で
修行を積み、匠の技術と斬新なデザインにより、
国内だけでなく海外にも活躍の場を広めています。
一人一人顔が違うのと同じ様に
本鍛造・手打ち商品の為、
1丁・1丁異なります。
丹精込めて作られた包丁は
必ずお使いになる皆様に
満足していただけること
間違いありません。



e0295731_20582076.jpg


三徳包丁
¥7,350


e0295731_20583282.jpg


三徳、剣型包丁
¥9,450
[PR]
by ele0901 | 2013-01-03 21:12 | 兵庫じばさん