丹波立杭焼【丹窓窯】

みなさまこんにちは
たかばです。

先日の定休日、丹波立杭の郷へ訪問してきました。

『丹窓窯』さんへお願いしていた別注の器が焼きあがったとのこと

丹波はあいにく雨模様でしたが、気分はワクワクです。


e0295731_1711315.jpg

『丹窓窯』
江戸時代頃から器を作り続けてこられた、丹波でも古い歴史のある窯元。
民藝運動を牽引した柳宗悦、濱田庄司らと親交があり陶芸家バーナード・リーチの奥様
ジャネット・リーチは、ここ丹窓窯で修行されております。
そして先代の故・市野茂良さんは、イギリスのバーナード・リーチの工房で修行され
スリップウェアの技術を身につけて丹波に戻ってこられました。
現在は、茂良さんと共に50年以上、作陶を続けてこられた奥様の茂子さんが、
茂良さんの遺志を引き継ぎ、丹波立杭焼の歴史や伝統を大切に守り、
器を作り続けておられます。



窯から出されたばかりの器を早く見たいと
落ち着くまもなく、少し坂を上った所にある工房へ


e0295731_171377.jpg

e0295731_171786.jpg

ずらりと並んだ器に感動!!


今回、お願いしていた別注の器は

こちら
e0295731_23415713.jpg

別注 スリップウェア五寸丼 飴釉・白釉
¥3,150(税込)


他にも春らしいスリップウェアのお皿もセレクト
e0295731_23514839.jpg

白釉 スリップウェア 四角皿
¥3,780(税込)



工房で見つけた、故・市野茂良さんの作陶途中の器
e0295731_1711079.jpg


近々、丹窓窯さんの登り窯に火が入り
茂良さんの作品も窯で焼かれるそうです。
e0295731_050286.jpg

e0295731_050796.jpg


登り窯が赤く燃え、煙が上がる風景、是非、見てみたいですね
現在に蘇る茂良さんの作品、焼き上がりが楽しみです。


小春日和の神戸
eleは春らしい装いになり、新しい器は本日より店頭に並んでいます。

ご来店お待ちしております。
[PR]
by ele0901 | 2013-03-17 13:16 | 丹波焼
<< 兵庫の天然皮革「エレ ショッピ... 【Buddy optical ... >>